ADACHI

MEDIFES

2019

あだちメディフェス2019
~第17回 全国市民メディア交流会~


開催日:2019年11月23日(土)~24日(日)
会場:東京都足立区北千住駅周辺



“動画メディアの進化”

“市民が街の魅力を発見する、発信する、発想する”




ピックアップ

決定!12時間インターネット生放送!

インターネット放送局Cwaveではあだちメディフェスの開催に伴い、
12時間の生放送を行います。
足立区と全国各地の市民メディアと地域の活動をインターネット放送でつなぎます!
どうぞお楽しみに!

注目のトークセッション!

「SNS時代のこれからのローカルメディア(仮)」

プレゼンテーターに“まちを編集する出版社”千十一編集室 代表の影山 裕樹さん、ファシリテーターに令和メディア研究所 主宰 下村 健一さんをお迎えして、個人発信が簡単にできるようになってきたSNS時代のおける、これからのローカルメディアの向かう先や可能性などをお話いただきます。


北千住の”謎解き宝探し”まちあるき

西口の大型ビジョンや動画メディアを使って千住のまちを「謎解き&宝探し」をしながら歩きます。家族で楽しめるまちあるきイベントです。
今まで気が付かなかった千住の魅力を発見できるかも!?

#千住まちあるき #あだちメディフェス

第17回 全国市民メディア交流会

2019年は足立区で開催します!

“動画メディアの進化”

“市民が街の魅力を発見する、発信する、発想する”

2004年1月にスタートした市民メディア全国交流集会(通称「メディフェス」)。毎年、全国各地で実施してきましたが、17回目の今年は11月23日(土・祝)24日(日)に足立区で開催します。
 
2004年は地上波デジタル放送の試験放送が開始した年で、メディア構造に変革をもたらし、市民メディアやパブリックアクセス活性化を推し進めようという機運が高まっていた時です。
 
同時に、日本に馴染み深いSNSとなった「GREE」次いで「mixi」も2004年にサービスを開始しました。
それから2007年Youtube、2008年Twitter、Facebook、2013年LINE、2014年Instagram、2016年tiktokと新しいSNS運用が始まりました。
 
通信速度と比例するように文字から画像、動画へと変化してきています。そして2020年から5G時代に突入します。
 
2時間の映画が3秒でダウンロードできる時代!!!
 
時代は遡らない。動画への流れはこのまま加速していく時代に私たちの情報発信やコミュニティも変化していくはずです。
 
このように通信技術が大きく変化している今、市民・地域メディアは、町作りやその活性化のために、また人と人、地域と地域をつなぐために活かすことができるのか。「あだちメディフェス」では、それを一つのテーマとして問いかけるつもりです。
 
また、防災などの観点から「地域コミュニティー」が重要と言われる時代にこれだけ通信速度が速くなると、日本が世界が身近なものとなり「テーマコミュニティー」が自然と強くなってきています。
 
このような時代に市民がどのように発信していくのか、コミュニティを形成するのか。その時の問題点はなどを、足立区のまちづくりを通して考えて行ければと思います。
 
 
開催日時:2019年11月23日(土・祝)~24日(日)
場所:東京都足立区北千住駅周辺
 
主催:あだちメディフェス事務局

あだちメディフェス2019

開催要項

=参加対象=
全国の市民メディア団体・個人
メディアに関わる研究や学びをしている研究者・学生
市民メディアに興味のある足立区の団体・個人


事前活動・PR 

北千住駅西口大型ビジョン時報CM放送

北千住駅の西口ロータリー前にある「大型ビジョン(あだちスマイルビジョン)」に、1日13回9時〜22時まで1時間ごとに15秒の時報CMが流れます。

 
時報CMを流すことも可能です。詳しくは下記ボタンをクリックしてご確認ください 。
お申込み・お問合せ:あだちメディフェス事務局 medifes@cantop.jp

動画制作ワークショップ

スマホを使って、30秒の紹介や告知動画を作ってみましょう。
 
日時:10月6日(日)13:00 ~ 16:00
講師:城谷匠さん
場所:千寿てまり工房  https://senjutemari.com/
参加費:1,000円

【DAY1】11月23日(土)

11:00~23:00
12時間インターネット生放送

11:00~17:00
千住の“謎解き宝探し”まちあるき
キーパーソン取材・発信
ローカルメディア活動発表


18:00~21:00
全国市民メディア懇親会


12時間インターネット生放送

インターネット放送局Cwaveではあだちメディフェスの開催に伴い、開催初日の23日(土)の11時から23時まで、12時間のインターネット生放送を行います。足立区と全国各地の市民メディアと地域の活動をインターネット放送でつなぎます!

生放送の視聴はこちらから
(準備中)

Cwave番組YouTubeサイト
https://www.youtube.com/channel/UCJjf5D5DvBMGMv83V-p-LdA/featured

番組出演者(随時更新)
・ソーシャルメディエイター協会
 
番組に出演することもできます。詳しくは下記ボタンをクリックしてご確認ください 。
お申込み・お問合せ:あだちメディフェス事務局 medifes@cantop.jp

北千住の”謎解き宝探し”まちあるき

「今度は探偵だ!メディアの力で、北千住の秘宝を見つけ出せ!(仮)」

西口の大型ビジョンや動画メディアを使って千住のまちを「謎解き&宝探し」をしながら歩きます。家族で楽しめるまちあるきイベントです。今まで気が付かなかった千住の魅力を発見できるかも!?

日時:11月23日(土) 11:00~17:00
参加費:無料

北千住のキーパーソンを取材・発信

「謎解き宝探し」のまちあるきをする中で、足立のまちづくりキーパーソンへの取材ができます。各地の市民メディアのみなさんに「足立での活動事例」をご自身の地域に持ち帰って、ぜひ発信していただければと思います。(取材は事前申し込み制。取材対象は追って順次発表)

時間:11月23日(土) 11:00~17:00
※まちあるきの中で取材ポイントと場所を設定いたします。
参加費:無料

ローカルメディア活動発表

参加する全国の市民メディアの活動をブース展示と発表会の形で行います。

1)ブース展示(個別展示)
2)活動発表会(1団体30分を基本とした発表やワークショップ)

日時:11月23日(土) 11:00~17:00
会場:BUoY
東京都足立区千住仲町49-11(墨堤通り側入り口)
東京メトロ千代田線・日比谷線/JR常磐線/東武スカイツリーライン
「北千住」駅出口1より徒歩6分、西口より徒歩8分
http://buoy.or.jp/

入場料:無料
事前申し込み:不要
※発表の内容によって、事前申し込みが必要な場合があります。

出展団体(随時更新)
・武蔵大学社会学部メディア社会学科松本ゼミ
東海大学文化社会学部水島ゼミチームA、B


出展したい方はこちらのボタンよりご確認ください。

全国市民メディア懇親会

各地での市民メディアの活動について情報交換と交流をします。足立区の名店のおいしいものをご用意しております。
(ワンドリンク付き。2杯目から有料となります。)

日時:11月23日(土) 18:00~21:00
会場:BUoY  地下イベントスペース
東京都足立区千住仲町49-11(墨堤通り側入り口)
東京メトロ千代田線・日比谷線/JR常磐線/東武スカイツリーライン
「北千住」駅出口1より徒歩6分、西口より徒歩8分
http://buoy.or.jp/


参加費:社会人 3,000円 / 学生 1,000円

【DAY2】11月24日(日)

10:00~12:30
セッション1、2(同時開催)

12:30~13:00
閉会式(生放送番組)
西口ビジョン放送(12:55~13:00)


セッション1「足立で”生きる”を発想する(仮)」

ファシリテーター:東海大学 河井 孝仁 教授

シティプロモーション戦略等の行政広報戦略について研究を行う。

地域参画総量概念、ソーシャルメディアなどICTを活用した手法や自治体マーケティング、ブランド化、行政と市民・NPO・企業の協働連携などを重要な論点としている。
https://www.u-tokai.ac.jp/staff/detail/MTgwMDA2/MjMyMTE1

日時:2019年11月24日(日)10:00~12:30
場所:足立区生涯学習センター
〒120-0034 東京都足立区千住5丁目13−5
参加費:無料
参加される方は、【足立区の魅力を一人10個】考えてきてもらいたいと思います。ジャンルは自由です。
定員:40名

セッション2「SNS時代のこれからのローカルメディア(仮)」

プレゼンテーター:影山 裕樹

ファシリテーター:下村 健一


影山 裕樹(かげやま ゆうき)

1982年、東京生まれ。編集者、文筆家、メディアコンサルタント。”まちを編集する出版社” 千十一編集室 代表。アート、カルチャー書の出版プロデュース、ウェブや紙媒体の編集、執筆活動の他、全国各地に広がる地域×クリエイティブ ワークショップ「LOCAL MEME Projects」の企画・運営、ウェブマガジン「EDIT LOCAL」の企画制作、オンラインコミュニティ「EDIT LOCAL LABORATORY」の企画運営など幅広く活動を行っている。著書に『ローカルメディアのつくりかた』、編著に『あたらしい「路上」のつくり方』などがある。一般社団法人地域デザイン学会参与。青山学院女子短期大学非常勤講師。
https://sen-to-ichi.com/より
FacebookTwitternote


下村健一(しもむら けんいち)
令和メディア研究所 主宰
情報スタビライザー/時々ジャーナリスト
● TBS報道局アナ(スペースJ、等)を15年務めた後、フリーキャスター(筑紫哲也NEWS23、サタデーずばッと、等)10年。スクープ等で社内外表彰16回。
● その後、内閣審議官(2年任期満了後は民間契約アドバイザー)として計約900日、民主・自民の3政権で政府の情報発信に従事。3・11に遭遇、全力対応。
● 東京大学客員助教授、慶應義塾大学特別招聘教授、関西大学特任教授などを経て、現在は白鴎大学客員教授。小学教科書の執筆など、幅広い年代の子ども達のメディア・情報教育に携わる。
● 船体の横揺れを小さくする装置が「スタビライザー」。情報の横波で世論が大きく傾きかけた時、姿勢を立て直そうとする役割。平時には、1人1人にスタビライザーを配る。
●「時事」ではなく、「時々」(ときどき)ジャーナリスト。報道が足りない!と感じる分野を、元プロの眼力で、自分で発信。
http://shimomuraken1.com/

日時:2019年11月24日(日)10:00~12:30
場所:足立区生涯学習センター
〒120-0034 東京都足立区千住5丁目13−5
参加費:無料

定員:40名

閉会式

Cwaveのスタジオからインターネット生放送番組として閉会式を行います。最後に北千住駅西口の大型ビジョンにて放映も予定しています。

閉会式番組放送:12:30~13:00
西口ビジョン放送:12:55~13:00

↓スタジオにて閉会式番組を観覧したい場合↓
会場(スタジオ):Cwave 東京都足立区千住旭町 41-14 第一ビル 7F
Cwaveアクセス
観覧料:500円
下記ボタンよりお申込みください。

出展・支援したい方はこちらから

「ローカルメディア活動発表」に出展したい方、

「12時間生放送番組」に出演したい方、

「大型ビジョン(あだちスマイルビジョン)」で時報CMを流したい方、

メディフェス開催と運営にご協力、支援いただける方は
こちらから

共催・協力

主催

あだちメディフェス事務局

問合せ窓口:株式会社CAN
 〒120-0026 東京都足立区千住旭町41-14第一ビル6F
 電話 03-5284-7107
 メール medifes@cantop.jp


Facebook◀ 

Twitter 

Instagram 

YOUTUBE(インターネット放送局Cwave) 

Jimdo

You can do it, too! Sign up for free now at https://jp.jimdo.com/